小刻みに得点を重ねた基山ライオットが日本リースを振り切った。二回1死満塁から相手守備の乱れを突いて3点を挙げると、その後も攻撃の手を緩めず、三、四、五回に1点ずつを加えた。

 日本リースは七回に1番草場の適時打などで追い上げたが、反撃が遅かった。

基山ライオット(三養基)031 110 0─6

日本リース  (佐賀) 010 000 1─2

(基)篠原孝、森光-坂口

(日)古川、山田、草場-増田

▽三塁打 相良(基)

▽二塁打 篠原大(基)江頭、増田(日)

このエントリーをはてなブックマークに追加