佐電工が息詰まる投手戦を制した。 初回、1死二、三塁の好機をつくると4番森山の遊ゴロで相手守備がもたつく間に一気に2人が生還。先発鶴崎は要所を締めて1失点に抑えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加