球際で激しく競り合う川副中のDF西村海哉選手(手前)とPLEASURE.SCU-15のFW西村大和選手=佐賀市の県総合運動場陸上競技場

華麗なリフティングを披露する土屋健二さん(中央)=佐賀市の県総合運動場第1補助競技場

 「第29回SAGATV佐賀県サッカーフェスティバル」(県サッカー協会など主催)が22日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場などで開かれた。幼稚園児からシニアまで約2千人の参加者がボールを追いかけて汗を流し、笑顔で交流を深めた。

 県ジュニアユースチャンピオンズカップでは、川副中とPLEASURE.SCU-15が激突。白熱した熱戦はMF俣野拓也選手、DF西村海哉選手が奪った2得点を粘り強く守り抜いた川副中が制した。

 またこの日は、サッカーの神様と称されるペレ氏が認めた“リフティング王”の土屋健二さん(53)が華麗なパフォーマンスを披露。ボールを背中に乗せた状態で腕立て伏せをし、座ったままリフティングをするなど巧みな技術を見せた。

 土屋さんの動きをみた子どもたちからは、「ロナウジーニョみたい」「アシカとおんなじ動き」などと歓声が上がった。唐津市の昭和幼稚園に通う梶山知義君(6)は「すごく上手だった。見ていて楽しかった」と笑顔を見せた。土屋さんは「呼吸をする感覚でボールを扱って」とエールを送った。

 このほか、フットサル大会や女子サッカー選手権の決勝なども実施した。

このエントリーをはてなブックマークに追加