大勢の買い物客でにぎわうチャリティーバザー=佐賀市の佐賀玉屋

 国際ソロプチミスト佐賀(木下朝美会長)が24日、佐賀市の佐賀玉屋南館1階アーケードで女性と女児のためのチャリティーバザーを開いた。売上金約30万円をDV被害者自立支援基金などに全額寄付する。

 会員35人が食品から日用品まで合計500点ほど持ち寄り、市価の半値以下で販売し、次々に売れていった。特に食料品は販売を開始してから10分ほどで売り切れた。

 同会員からは「バザーの主旨に賛同していただきうれしい」「売上金はしっかりと支援につなげていきたい」と話す。

 売上金はDV被害者自立支援基金、私費留学生支援、女性と子どものDV被害者支援グループCo-ring(コーリング)佐賀などに贈る。

このエントリーをはてなブックマークに追加