出場者を代表して選手宣誓をする大志の新名さん=佐賀市のメートプラザ佐賀

 久光製薬杯第27回佐賀県ママさんバレーボール大会(県バレーボール協会・佐賀新聞社主催、久光製薬株式会社特別協賛)の総合開会式と組み合わせ抽選会が25日、佐賀市のメートプラザ佐賀であった。選手ら約250人が健闘を誓った。

 大会は年齢別に3部門を設け、計55チームがトーナメントで競う。予選を10月30日に県内5会場で、決勝を11月6日に小城市の芦刈文化体育館で開く。

 県ママさんバレーボール連盟の森崎チエ子会長が開会を宣言し、県バレーボール協会の中冨博隆会長(久光製薬会長)が「元気で素晴らしいプレーが地域活性化につながることを期待している」とあいさつした。

 またバレーボール女子プレミアリーグ・久光製薬スプリングスの中田久美監督も、ビデオレターで「みなさんにとって素晴らしい大会になることを願っている」とエールを送った。

 大志の新名かおりさん(39)が選手宣誓し「家事や育児など日ごろの忙しさを忘れ、はつらつとプレーします」と誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加