今季初の3連勝を目指した大宮はほとんどの時間でボールを支配して鳥栖を攻め立てたが、引き分けで終えた。早い時間帯に失点したゲームを振り返り、渋谷監督は「特に後半に入ってからは選手が粘り強く戦い、同点まで追い付いたが、追加点が取れなかった」と話した。

 後半にはシュート10本を放ったが、13分に家長が決めた後は無得点。「ここに来ても、また課題が出たかなと思う。引き分けが悔しすぎる」と、監督は唇をかんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加