準々決勝・三愛ロジスティクス-基山ライオット 三愛ロジスティクス7回裏2死一、二塁、3番本田健人が左中間を破る適時打を放ち、3-2でサヨナラ勝ちした=武雄市のサンスポーツランド北方

基山ライオット (三養基)100 010 0 ─2

三愛ロジスティクス(鳥栖)000 000 3x─3

(基)篠原孝-篠原大

(三)西原、石井-七島

▽三塁打 池田(基)▽二塁打 小宮、篠原大(基)

 三愛ロジスティクスが七回に2点差をひっくり返しサヨナラ勝ちした。

 0-2で迎えた七回1死二、三塁から9番石井の右前打と1番中里の内野安打で同点。最後は2死一、二塁で3番本田が左中間を破る適時打を放ち試合を決めた。

 基山ライオットは先発篠原孝が六回まで1安打投球したが、逃げ切れなかった。

■単打集め、息吹き返す

 「不思議ですね」-。試合後、三愛ロジスティクスの柴田秀一監督が相好を崩した。2回戦に続く最終回でのサヨナラ劇に、驚きと喜びを隠せなかった。

 六回まで、基山ライオットの先発篠原孝典の緩急を生かした投球に1安打と沈黙していた三愛打線。中盤フライアウトが度重なる中、七回は「転がせばこの前みたいに何か起きる」(柴田監督)と、全員がコンパクトにボールをたたいた。

 1死二、三塁から単打を連ねて同点に追い付くと、最後は「今日一番雰囲気があった」(柴田監督)3番本田健人が、得点圏に走者を置いて左中間を破った。本田は「つなぐ意識だけだった。初めてのサヨナラ打です」と頬を緩ませた。

 次戦は4、9月の大会で苦杯をなめたひらまつ病院と再戦する。「勢いに乗って、今度こそ」。チームはリベンジに燃えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加