佐賀商は7年ぶりの悲願にあと一歩届かなかった。角田一記と角田泰基の左右の二枚看板の力投もむなしく惜敗。泰基は「2人でチームを甲子園に連れて行くと話していたのに…。悔しい」と涙を流した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加