「日本の石」に選ばれた翡翠を持つ日本鉱物科学会の土山明会長=24日午後、金沢市の金沢大

 日本鉱物科学会は24日、金沢大で開かれた総会で、「日本の石」に翡翠(ひすい)を選定した。今後、国内外の学会や博物館で、最も日本らしい石として紹介する。国産石のうち、知名度や美しさなど7項目を基に、総会に出席した会員約120人が審査・投票した。

 学会によると翡翠は深緑色で半透明の石。縄文時代から宝飾品に使われ、新潟県糸魚川市を中心に各地で産出される。

 日本の石選定は、学会が9月1日付で一般社団法人化したことを受けた記念事業。インターネットで募集するなどして選んだ22種類から、事前に候補を花こう岩、輝安鉱、自然金、水晶、翡翠の5種類の石に絞っていた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加