【ニューヨーク共同】米有力紙ニューヨーク・タイムズ電子版は24日、大統領選で民主党候補のクリントン氏を支持すると社説で表明した。戦争やテロを背景に世界各地で民主主義が脅かされている中、クリントン氏は公務経験が長く知性があり「大統領として米国が直面する難題に立ち向かう能力がある」と主張した。

 社説は「普通の大統領選なら、政策ごとに2人の候補を比較するところだが、今年は普通の選挙ではない」と指摘。共和党候補のトランプ氏について「自分自身や政策について何ら具体的なことを説明せず、実現できない公約を掲げている」とし、「米現代史上、最悪な主要政党候補」と切り捨てた。

このエントリーをはてなブックマークに追加