武雄市の議会事務局は26日、政務活動費に関する情報開示の有無を、議員に聞かれる形で伝えていたことを明らかにした。

 友廣秀敏事務局長によると、2013年に情報公開請求に関する電話を受けた際、その場にいた議員に聞かれ、開示請求に関する新聞社からの電話だったことを伝えたという。請求者の個人名は明かしていないとしている。開示請求に関する事実を伝える事務的な仕組みはないが、雑談などで有無を尋ねられた際、請求を伝えた可能性もあるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加