橋本鳥栖市長に要望書を手渡す中冨・鳥栖商工会議所会頭(左)=鳥栖市役所

 鳥栖商工会議所は26日、九州自動車道の福岡県小郡市内に計画されている味坂スマートインターチェンジ(SIC、仮称)設置を推進するよう求める要望書を、鳥栖市に提出した。

 中冨舒行会頭は「福岡県側に設置の動きがあるが、鳥栖ICの混雑緩和など鳥栖市の方がメリットが大きい」と述べ、佐賀県、福岡県、小郡市と連携して積極的に取り組むよう要望した。

 これに対し橋本康志市長は「鳥栖にとってプラス方向になるよう対応すべきと考えている」と答えた。その上で、建設候補地は土地が低く大雨の場合は冠水の恐れがあると指摘し、今後、クリアすべき課題について関係機関と協議を進めていく方針を示した。

 鳥栖市には、長崎自動車道の山浦パーキングエリアにSIC設置を求める要望書も提出されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加