佐賀県は、熊本地震で影響を受けた中小企業の資金繰りを支援する制度「セーフティネット保証4号」の指定期間を3カ月間延長した。団体客キャンセルなど観光関連の業種に影響が出ていることから経産省に期間延長を要請した。利用期間は12月14日までとなる。

 制度は、県信用保証協会が通常の限度額と別枠で保証する。普通保証は2億円以内で、無担保保証は8000万円以内。国や県の制度資金などで利用できる。

 対象となるのは、県内で1年間以上継続して事業を行っている中小企業。直近1カ月の売上高が前年同月比で20%以上減少していることなどが条件で、市町の認定が必要となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加