・矢ケ部 航投手 初球から、いけるところまで全力で投げると決めていた。甲子園のマウンドでも全力投球したい。・川添 直仁捕手 最後は一球で流れが変わって、「これぞ夏」って感じの試合だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加