■11回、石橋フルスイング これが九州王者・龍谷の底力か。そう思わせる圧巻の逆転劇だった。4-4の延長十一回。先頭8番久野隼輝が、四球で雄たけびをあげながら一塁に歩いたところからドラマが始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加