「海を渡る山笠」として有名な小友祇園祭が29日、唐津市呼子町小友地区で始まった。そろいの法被を着た地元の男衆が、暑さに負けず、高さ15メートル、重さ3トンの巨大山笠を担ぎ、勇壮に海中を練り歩いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加