26日開会した臨時国会で、環太平洋連携協定(TPP)の審議は波乱含みの展開になりそうだ。先の通常国会では、政府の情報開示姿勢や西川公也元農相の著作を巡って審議が一時空転し、承認を先送りした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加