熊本市は26日、熊本地震による市内の被害総額が約1兆6363億円に上ることを市議会に報告した。熊本市で生じた被害額の全容が明らかになるのは初めて。

 市によると、住宅被害が7割強に当たる約1兆2122億円、製造業や商業といった商工関係が約1720億円、文化財が約784億円、医療・福祉施設が約456億円などとなっている。

 市は26日、地震で大きな被害が出た熊本城や市民病院の復旧など五つの重点プロジェクトを掲げる「熊本市震災復興計画」の素案を議会に提出した。10月に開かれる予定の臨時議会で議決される見通し。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加