「挙国一致」で国民を戦争に駆り立て、国民もまた閉塞(へいそく)感打破を期待し、支持した-。にもかかわらず、その責任と向き合うことなく歩んできた戦後日本。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加