協定を結び握手する秀島市長(左)と佐賀工業会施設機械部会の織田部会長=佐賀市役所

 佐賀市と佐賀工業会施設機械部会は27日、災害時に被害のあった水門を応急処置などして協力する災害ボランティア協定を結んだ。

 施設機械部会はミゾタ、協和製作所、小松鉄工所、田中鉄工所の4社で組織している。ミゾタ取締役の織田克部会長ら各社代表が市役所を訪れ、秀島敏行市長と協定書に調印した。

 協定は、部会が水門などを巡回したり、被害状況の情報収集をして市に報告したり、応急措置をすることなどを明記している。

 秀島市長は「昨今の気象状況を見ると、どこで災害があってもおかしくない。鬼に金棒のようで心強い」と期待した。織田部会長は「私たちの企業は地元に育てられた。団結して頑張りたい」と抱負を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加