準々決勝・佐賀学園-東明館 佐賀学園10回表2死三塁、1番松尾武蔵が左前打を放ち、4-3と勝ち越す=みどりの森県営球場

 第139回九州地区高校野球佐賀大会第8日は27日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝2試合があり、佐賀北が4季ぶり、佐賀学園は2季連続で4強入りを決めた。

 佐賀北は鳥栖に先制を許したが、三回に1番野田洸希の適時二塁打などで2点を挙げて逆転すると、八回に3点を加えて突き放した。佐賀学園は同点の10回表2死三塁から3連打で3点を挙げ、延長戦を制した。

 第9日は28日、同球場で神埼清明-唐津西、白石-佐賀商の準々決勝2試合がある。

▽準々決勝

    (みどりの森県営球場)

鳥栖  100000000─1

佐賀北 00200003×─5

(鳥)31513310107

   打安点振球犠盗失併残

(佐)28851531117

(鳥)亀川、中尾-古賀

(佐)中島拓、小野-赤峰

▽二塁打 高島(鳥)野田、古川(佐)

佐賀学園

   0000101013─6

   2001000000─3

東明館

(延長十回)

(佐)3712666651213

   打安点振球犠盗失併残

(東)3611326202011

(佐)藤崎、池田-古場

(東)緒方雄-木実

▽三塁打 山本(佐)▽二塁打 松尾、江頭2(佐)

このエントリーをはてなブックマークに追加