原画や絵コンテなど16点の資料が並ぶ漫画「キングダム」の特別展=基山町立図書館

 累計発行部数2300万部を超え、今年週刊ヤングジャンプで連載10周年を迎えた人気漫画「キングダム」の特別展が、作者の原泰久さんの出身地基山町の町立図書館で開かれている。作中の名場面から厳選した原画など16点と、仕事道具などを展示している。10月9日まで。

 キングダムは中国の歴史書「史記」を基に、後に始皇帝となる秦王と大将軍を目指す戦争孤児の少年を軸に、成長と中華統一までの過程を描く物語。会場にはコミックの表紙や扉絵を彩ったカラー原画や、迫力ある戦闘シーンを描いた白黒の原画などがずらり。主人公・信の剣のレプリカや絵コンテと原画を比較するコーナーも設けた。

 県立美術館で開かれた「キングダム展in佐賀」に続き、「ふるさとでもぜひ展示を」と町が原さんや集英社、県に申し入れ、実現した。天本洋一館長は「展示の一角にコミックも用意しているので、原画と見比べてみて」と来場を呼び掛ける。開場は午前9時から午後6時まで。月曜休館。問い合わせは同図書館、電話0942(92)0289。

【関連記事】
祝・連載10周年特集
漫画「キングダム」作者・原泰久先生に直撃取材
キングダムの世界観、真髄を語る
この3点をチェック!
プライベートに迫る
諦観か希望か、原先生が描きたいもの

このエントリーをはてなブックマークに追加