アースラブ母材の作り方を学ぶ参加者=佐賀市

■臭い抑え1カ月で堆肥に

 生ごみ処理に用いる酵素「アースラブ」の母材を作る講習会が、佐賀市内でありました。家族連れや大学生ら約40人が参加し、臭いの発生を抑えながら有機物の減量分解を支えるアースラブの特徴を学びました。

 材料は、もととなるアースラブ母材のほか、スギチップ、米ぬか、グリセリンなどです。これらを手順通りによく混ぜ合わせました。終了後、参加者にはアースラブ母材を30リットルずつお土産として配りました。

 アースラブ母材の使い方は簡単です。生ごみと母材をバケツで混ぜ合わせ、それをビニール袋へ。約1カ月で堆肥になり、その堆肥は母材として使えます。

 講座は、アースラブの母材を広めようと年1回開いており、次回は来年度となります。(NPO元気・勇気・活気の会副理事長・北島忠俊)

このエントリーをはてなブックマークに追加