有明海の環境保全をテーマにした研修会が7月23日、佐賀市下水浄化センターで開かれ、県有明海漁協の組合員や沿岸自治体の下水道関係職員ら約100人が資源回復に向けた取り組みなどについて知識を深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加