佐賀県は31日、高病原性鳥インフルエンザが発生した山口県長門市の養鶏場から、県内2カ所のふ化場に有精卵約3万個が納入されていたことが分かり、医療廃棄物用の容器に密閉する防疫処理をしたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加