憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使容認に踏み出した日本。戦後堅持してきた専守防衛を転換し、海外での自衛隊の武力行使に道が開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加