アーチェリーを体験する子どもたち

 唐津市松浦河畔公園の木立の一角に洋弓場があります。佐賀ジュニアアーチェリークラブの呼びかけで、アーチェリーを体験しようと、市内の子どもたちが集まりました。

 厳木高アーチェリー部の部員に手伝ってもらいながら個人技や団体戦を体験しました。オリンピックやパラリンピックが開催されたこともあり、例年より多くの子どもたちがチャレンジしています。

 障がいのある人もない人も競技を楽しむことができ、車椅子を利用して練習に来る人の中には、海外で開催される世界大会に参加する選手もいます。

 的の中心部に当たると、一段と笑顔が広がります。(地域リポーター・福田ひろこ=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加