辻発彦氏

 西武が次期監督の最有力候補に、球団OBでもある中日の辻発彦作戦兼守備コーチ(57)を挙げていることが28日、球界関係者の話で分かった。近く要請する見込み。辻コーチは今季最終戦となった東京ドームでの巨人戦前に取材に応じ「連絡があれば考えます」と話した。

 西武は3年連続でクライマックスシリーズ進出を逃し、27日に田辺徳雄監督が辞任を発表した。鈴木葉留彦球団本部長は後任候補を「足りないところを補足してくれる人。1点差で勝てる人」としていた。

 辻コーチは佐賀東高から日本通運を経て1984年に西武入団。名二塁手として黄金期を支え、93年に打率3割1分9厘で首位打者を獲得。ゴールデングラブ賞には8度選出された。96年からはヤクルトでもプレー。99年に引退した後はヤクルト、横浜(現DeNA)でコーチ、中日では2軍監督も務めるなど指導者としての経験が豊富で西武の意向と合致している。

このエントリーをはてなブックマークに追加