▽フライ級準々決勝堤駿斗(千葉・習志野)/TKO2回1分3秒/関拳児(佐賀・佐賀学園)=焦点= 強敵に完敗 来年の糧に 「びびってしまい、逃げの態勢に入ってしまった」。ボクシングフライ級準々決勝。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加