1981年以来34年間、がんは日本人の死亡原因第1位。高齢化も手伝って年々増加し、昨年は全死亡原因の約3割37万人をがんが占め、3.5人に1人が亡くなっています(※1)。しかし、がんは治る時代です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加