「煎茶道の祖」と称される佐賀市出身の高遊外売茶翁(1675~1763年)の精神を広く伝えようと、NPO法人高遊外売茶翁顕彰会は、集いの場「一茶壺(いっさこ)会」を始める。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加