作家遠藤周作の代表作『沈黙』はキリスト教禁教時代の長崎での物語だ。奉行所に捕らえられた司祭ロドリゴが、銅板のイエスを踏むよう迫られる場面で佳境を迎える。「踏むがいい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加