【30日の催し】

 「秋の山野草展」(10月2日まで、佐賀市中の小路・佐賀玉屋)

【巡回車】

 1日

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽8時45分=唐津市・文化体育館(予約制、子宮がん検診は10時開始))

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【展覧会】

 ◆水辺の風景in SAGA・2016「華」グループ作品展

 (10月7日まで、佐賀市大和町のさが水ものがたり館)主婦10人が2年間、水彩で描いた佐賀の水辺の風景約30点を披露。10~16時半、月曜休館。問い合わせは増田さん、電話0952(62)5860。

【イベント】

 ◆キッズサイエンスinみやき

 (10月2日10時半~16時、みやき町コミュニティーセンターこすもす館)ビー玉を転がしてさまざまな仕掛けが連動する「ビーコロ」や、煙を打ち出す巨大空気砲などの実験装置を用いて、科学の面白さを伝える催し。入場券は前売り子ども200円、大学生以上300円(当日100円増)。問い合わせは鳥栖サイエンスクラブの坂田さん、電話0942(94)5520。

【講演会】

 ◆介護・緩和ケアーに役立つアロマセラピー「ひとりじゃないよ」講演会

 (10月1日10時半、佐賀市の新栄公民館)がん患者と、その家族に安らぎを感じてもらうアロマセラピーの講演会。宅老所の末期がん患者へのアロマケアを実践しているNPO法人「福祉杏林会あんずの郷・城内」の石瀧泰所長とアロマセラピー講師中尾朱美さんのトークのほか、アロマケアの仕方、血流をよくする運動など実践講座がある。材料代500円で参加自由。問い合わせは新栄公民館、電話0952(23)4907。

【告知板】

 ◆第38回県吟剣詩舞道大会

 (10月2日9時半、佐賀市文化会館)県内15団体(会員数900人)が合吟、独連吟をはじめ親子吟、家族吟などの吟詠や、詩舞、剣舞などを披露する。今年は特別企画として「親子の絆」をテーマに古今の親子にスポットを当てた構成吟を行う。県吟剣詩舞道総連盟が主催。構成吟は保育所の園児による唱歌「七つの子」で幕を開け、親子の情愛をつづった詩として山上憶良、頼山陽、小林一茶、吉田松陰、石川啄木らによる15の詩などを連ねて吟じる。会員以外の来場歓迎。入場無料。16時半終了予定。

 ◆ボーイスカウトを体験してみませんか!

 (10月2日9時40分、佐賀市立図書館)小学5年生までを対象に、バルーンフェスタの外国人参加者へ贈るグリーティングカード作りと世界の国々について学ぶ。保護者同伴。佐賀3団カブスカウト隊事務局、電話090(4481)0747。

このエントリーをはてなブックマークに追加