<世間(よのなか)を憂(う)しとやさしと思へども/飛び立ちかねつ鳥にしあらねば>。万葉時代の歌人山上憶良の貧窮問答歌は、重税にあえぐ農民の悲哀と絶望を歌う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加