■1分15秒悔いなく 16人で競う少林寺拳法の女子単独演武の決勝に大川怜奈(多久)が進出。結果は15位ながら1分15秒の気迫みなぎる演武を披露した。 「本当は組演武に出たかった」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加