■派閥事務総長として準備 平成10(1998)年7月の参議院選挙不振の責任を取り橋本龍太郎総裁が辞任したことを受け、幹事長以下党役員もそろって辞任し、私も国対委員長の職を解かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加