佐賀県は、県内中小企業の製品を試験的に導入して有用性を評価するトライアル発注の本年度2回目の募集で、ティオテクノ(小城市三日月町)が開発したおう吐・排せつ物凝固剤など、5社5品目を選んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加