直径1・8メートルの巨大な茅(かや)でできた輪をくぐって夏場の無病息災を願う神事「茅(ち)の輪くぐり」が1日、みやき町白壁の千栗(ちりく)八幡宮であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加