「炎の響演」企画では、昔ながらの薪を使った窯たきの様子が近くで見られる=深川製磁の谷窯

■遊ぶ・楽しむ

 長い歴史で磨かれた有田焼の匠の技に触れるチャンスも。「有田焼絵付け体験ワークショップ」や若手作家がろくろを指導する「Pottery Cafe」などで伝統の世界をのぞいてみよう。「※炎の響演~薪(まき)窯めぐり」は6窯元が江戸時代から続く薪を使った窯たきを公開。「炎と土の芸術」を間近に見ることができる。

 「上有田鉄道フェスタ」では、長崎駅から国鉄カラーの特別列車を運行、上有田駅に停車する。駅構内では佐世保線の風景を切り取った写真展やジオラマを展示する。「棚田Tシャツアート展」は、全国から集まった絵や写真などをプリントしたTシャツ266枚を並べ、棚田をアート会場にする。

 このほかクイズに答えながら町を散策する「有田散策QUIZ、国内外のビンテージカーが集結する「ツール・ド・有田」、池干ししたため池で鯉(こい)を捕まえる「有田ため池鯉リンピック」、駅前商店街を巡る「駅前スゴロク」など楽しい企画が盛りだくさんだ。

※炎は品の口が火

=有田焼400年=

このエントリーをはてなブックマークに追加