衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で理事を務める自民党の福井照衆院議員(比例四国)は29日、TPP承認案に関し「(特別委員長だった)西川公也議員の思いを、強行採決という形で実現するようがんばらせてもらう」と述べた。福井氏は不適切な発言をしたとして、理事を辞任する意向を党側に伝えた。TPP反対を掲げる民進党は猛反発した。

 福井氏は党二階派会合で、入会のあいさつをした際に述べた。同派に所属する西川氏も会合に出席していた。

 民進党の蓮舫代表は記者会見で「責任ある発言ととても思えない。与党のおごりでしかない。首を切ったから(発言が)なかったということにはならない」と批判。別の幹部も「丁寧に審議しようとの姿勢が感じられない」と非難した。

 福井氏は会合後、記者団に「この国会で採決したいとの安倍晋三首相の思いを申し上げた。誤解を招き大変申し訳ない」と語った。

 一方、菅義偉官房長官は記者会見で「丁寧に何回も説明し、しっかり成立させたい」と述べ、早期承認に意欲を示した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加