自民党各派閥の会合などで29日、衆院解散・総選挙に向けた準備を急ぐよう求める発言が相次いだ。公明党の山口那津男代表が早期解散論に言及したことも踏まえ、各派幹部は、4年の衆院議員任期が12月で折り返しを迎えるとして「常在戦場だ」と訴えた。野党の民進党も来年1月の通常国会冒頭での解散があり得ると警戒を強めた。

 二階俊博幹事長は「いつ選挙があってもいいという準備を怠りなくやっていく(ことが重要だ)」と強調。年明け解散の観測が与野党で浮上していることに「気分のいいものではないが、そういう世界にわれわれは身を置いている」と述べた。

 麻生太郎副総理兼財務相は「選挙は(支持組織などを)歩いて回らないと票にならない」と、地元で活動を始めるよう促した。細田博之総務会長も「いつどういうことがあっても大丈夫なよう、準備を頑張っていただきたい」と要請した。

 額賀福志郎元財務相は「(参院選が終わって)今度は衆院議員が戦う番だ。緊張感を持って頑張ることが大事だ」と語った。

 菅義偉官房長官は記者会見で「選挙が終わったら次の選挙へ向けて、常在戦場というのは当然だ」と指摘した。

 民進党内でも早急に対応する必要があるとの意見が相次いだ。蓮舫代表は会見で「衆院は首相の判断でいつでも解散できる。いつでも戦える態勢を整えていきたい」と表明。細野豪志代表代行は自身のグループ会合で「衆院選はいつあってもおかしくないので、準備を進めよう」と指示した。赤松広隆前衆院副議長も別の会合で「蓮舫代表にもっと地方を回るようにお願いした方がいい」と述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加