任期満了に伴う新潟県知事選が29日告示され、いずれも無所属新人で、元団体職員三村誉一氏(70)、前長岡市長森民夫氏(67)=自民、公明推薦、医師米山隆一氏(49)=共産、生活、社民推薦、行政書士後藤浩昌氏(55)の4人が届け出た。10月16日に投票され、即日開票される。同県に立地する東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を巡り、東電などに厳しい姿勢で臨んできた現職の泉田裕彦知事が4選出馬を撤回。同原発の再稼働問題や経済活性化策が主な争点となりそうだ。

 全国市長会長も務めた森氏と、民進党を離党した米山氏の事実上の一騎打ちが予想される。民進党は自主投票を決めた。

 森氏は長岡市役所前で演説し「現場の声を首相官邸に届けてきた」と中央とのパイプをアピール。原発問題では「皆の安全を守ることが最優先課題。東電や国に言うことがあれば、しっかり言う」と支持を求めた。

 米山氏は柏崎刈羽原発のある柏崎市内で、東電福島第1原発事故を引き合いに「ふるさとが失われてはいけない」と主張。再稼働について「原発事故の徹底的な検証がない限り議論はできないという泉田知事の路線を受け継ぐ」と強調した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加