スウェーデンの音楽配信サービス「スポティファイ」は29日、アプリをダウンロードしたスマートフォンなどで約4千万曲が聴き放題になるサービスを日本で開始したと発表した。無料版と月額980円の有料版の二つを用意。60カ国で約1億人の利用者を抱える世界最大手の日本進出は、国内の音楽市場に影響を与える可能性もある。

 インターネットでデータを受信しながら再生する「ストリーミング方式」を採用。無料版は広告が表示されるのに対して、有料版は広告がなく、端末に曲をダウンロードすればネット環境がなくても聴ける。

 同様のサービスは国内でも、米アップルやグーグル、無料通信アプリのLINE(ライン)が先行して展開している。スポティファイジャパンのハネス・グレー代表取締役は「私たちの特徴は無料と有料の両方を持ち合わせていること」と強調、「日本は非常に大きなマーケットで、まずは足場を確実なものにしていきたい」と述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加