原爆の惨禍を伝えるパネル展が3日、佐賀県庁で始まった。背中が焼けただれた少年の写真や、水を求めてさまよう群衆の絵画など50点が並び、核兵器廃絶や恒久平和を訴える無言の叫びに来庁者が見入っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加