特殊土木の富士建(佐賀市富士町、牧薗博文社長)は、目視での確認が難しい橋やダムの点検などに使う無線操縦ヘリ「電動マルチコプター」を開発した。搭載したカメラで空撮し、ひび割れや地形情報を収集。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加