準々決勝・神埼清明―唐津西 力投する神埼清明の三好永遠=佐賀市のみどりの森県営球場

■佐賀北×佐賀学園  九州かけ2日激突

 第139回九州地区高校野球佐賀大会第9日は30日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝2試合があり、神埼清明と佐賀商がともに延長戦を制し、神埼清明は2季ぶり、佐賀商は2季連続でベスト4に入った。

 神埼清明は唐津西を4-3で下した。延長十一回表、2死一塁から5番野中丈の左中間適時二塁打で勝ち越すと、先発三好永がその裏を3人で抑えた。

 佐賀商は白石に延長十回、4-3でサヨナラ勝ちした。1点を追う九回裏に8番竹下の左越え本塁打で追いつくと、十回裏1死満塁から7番古賀が左前打を放ち、試合を決めた。

 第10日は2日、同球場で佐賀北-佐賀学園、神埼清明-佐賀商の準決勝2試合があり、それぞれの勝者が22日から大分県で行われる九州大会への出場権を得る。

 ▽準々決勝

    (みどりの森県営球場)

神埼清明

  00100101001─4

  00011001000─3

唐津西

(延長十一回)

(神)3810439410014

   打安点振球犠盗失併残

(唐)389394401010

(神)三好永-野中丈

(唐)中山広、中山隆-中村

▽二塁打 牟田口、野中丈、金丸(神)坂本(唐)

白石

   0001020000─3

   2000000011x─4

佐賀商

(延長十回)

(白)348356301010

   打安点振球犠盗失併残

(佐)346408142011

(白)光武拓、田代-笠原

(佐)内野、永渕-竹下

▽本塁打 竹下(佐)

▽二塁打 今村、笠原(白)土井、竹下(佐)

【みどりの森県営球場】

 ▽準決勝

佐賀北-佐賀学園(10時)

神埼清明-佐賀商(12時30分)

このエントリーをはてなブックマークに追加