お祝いに駆けつけた関係者と談笑する緒方孝市広島監督(中央)=鳥栖市のホテルビアントス

 鳥栖高出身でプロ野球・広島東洋カープを今季25年ぶりのリーグ制覇に導いた緒方孝市監督(48)の優勝祝賀会が25日夜、鳥栖市のホテルビアントスであった。この日は自身の誕生日と、高校野球の恩師である故・平野國隆さんの命日にあたり、緒方監督は「この25日に、平野監督と支援してくださった皆様に優勝報告ができ心からうれしく思う」と感慨深げに話した。

 祝賀会は平野さんが立ち上げた緒方監督の後援会メンバーが中心となって開き、今村雅弘復興大臣ら約350人が県内外から駆けつけた。会場内には緒方監督のユニホームの他、平野監督の指導風景の写真も飾られた。

 緒方監督は「今シーズンのカープはまさに『神って』いる戦いぶりだった。広島の街はまだ余韻に浸っている。おまけに流行語大賞までいただいた」と語って会場を沸かせた。来季に向けては「日本シリーズで大きな経験と悔しい思いをした。最後まで勝ち続けて笑って終われるシーズンにしたい」と決意を述べた。

 実行委員長の斎藤博之さん(75)は「就任2年目での快挙には、平野さんも天国からこの会場に下りたって祝杯を挙げているはず。来年はリーグ連覇と、日本一という忘れ物を取ってきて」と期待を込めた。緒方監督には山口祥義知事からサプライズで、「佐賀さいこう表彰」が贈られ、鳥栖高の後輩で2012年ミスインターナショナルの吉松育美さんらから花束の贈呈もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加