生産組合リーダー研修会が唐津市であり、広島大学大学院の小林元助教が「10年後の地域農業を考える」と題して講演した。小林助教は、国の農業政策が米価を下落させ、米需要が流動化している現状を分析。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加