鹿島市の能古見小5年の熊本眞子(くまもとまこ)さん(11)は、迷子(まいご)になっていた女児(4)をおんぶし、約1キロ離(はな)れた駐在所(ちゅうざいしょ)まで歩いて保護(ほご)しました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加