佐賀県の新しいリーダーの座をめぐって新人4人がしのぎを削った県知事選。異例の「年またぎ」選挙を戦い抜いた各陣営は11日夜、かたずをのんで審判の行方を見守った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加